読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

投資方針の見直しについて

投資方針

これまでの投資方針では、個別の銘柄について深く分析しないかわりに、1銘柄当たりの投資額を総投資額の2%以下(時価総額が100億円未満の場合は1%以下)としてきました。

 

銘柄選択では、まず配当利回りでスクリーニングをかけて、上から順に見ていき、条件に合わない銘柄を除いていって投資対象を選んでいました。このときに参考にするのは、四季報オンラインのデータとYahooファイナンスのチャートくらいです。簡単にしか見ないため、後から見ると、事業内容すらよく思い出せないものがたくさんあるんですね。

 

ブログを始めた理由の一つには、内容をよくわからずに投資した銘柄を、ある程度他人に説明できるレベルにまで理解したいということがありました。まだまだアクセスは少ないですが、他人の目を意識しながら少しずつ銘柄紹介を記事にまとめることで、その会社の事業内容や沿革、長期戦略などを理解するようになってきました。そうなってくると、高配当株への分散投資という基本路線は変えないものの、もう少しメリハリをつけて、特に割安なもの、高配当でありながら成長性も期待できるものに投資額を増やしていこうと考えています。

 

一方、米国株投資にもチャレンジしようと、少し投資をしてみましたが、為替の変動が気になってストレスになることや、そもそも簡単にアクセスできる情報が限られていて、しかも英語だということで、負担に感じるようになってきました。ここで手を広げるのは良くないと考え、国内株の分析に時間を振り向けるようにしました。

 

こうしたことを踏まえて、時間をかけながらですが、ポートフォリオを次のように修正していきます。

 

〇外国債券(10%→15%)

 全て上場インデックス新興国債券(1566)で運用

REIT(20%→25%)

 高配当利回りの銘柄に均等分散(12銘柄程度)

〇高配当株(60%)

 30~40銘柄に分散。上位10銘柄で総投資額の30%程度を目安とする。

エフティグループ(2763)

銘柄紹介

当社グループは親会社1社、子会社21社、関連会社1社から構成されています。親会社はあの光通信9435ですので、営業力が強そうなイメージがあります。事業内容は、法人事業として、ビジネスホン、OA機器、スモールサーバー、UTMスマートフォン等を中小企業や個人事業主に販売する情報通信機器販売、中小企業向けホームページの制作代行等のWEB商材販売インターネット接続サービス、情報通信機器の施工、保守、サポート等の技術サポートLED照明等の環境関連商材販売を行っていて、コンシューマ事業として、「ひかり速トク」という名前の光ファイバー回線サービスFVNO、携帯電話等のモバイル商品販売太陽光発電設備や蓄電池関連設備等の環境関連商材販売を行っています。

 

子会社が多い分、いろんなことをやっていますね。どれもある意味流行りのものばかりなので、競合も多いのではないかと心配にはなります。当社も経営課題として、収益構造をフロー型からストック型へ移行しようとしていて、光インターネットサービスや各種保守契約、から節水装置のレンタル、電力サービス等に力を入れているようです。

 

210日には配当方針を見直して、「配当性向50%を目途」にすると表明しました。そのため、今期の配当予想は前回予想から6円増配して、34円としています。時代の変化に対応して、新しい商材をM&Aや業務提携でどんどん取り込んでいく力があるのが当社の魅力ではないかと思います。配当方針が株主還元の強化へ舵を切ったことで、高配当株として長期保有できるようになりました。

 

主な指標(322日現在)

株価 773

時価総額 280億円

予想1株配当金 34

予想PER 10.39

実績PBR 2.21

 *データは四季報オンラインより引用

 

f:id:tamtam0824:20170322193515p:plain

 

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(7169)

銘柄紹介

当社は199912月に設立されたテレマーケティング主体の保険代理店です。「ニュートン」という名前から、何だか胡散臭そうだという先入観を持っていたら(すみません。。。)、保険代理店の最大手で、売上高で保険の窓口グループを超えたようですね。当社ウェブサイトによると、全国14拠点のコールセンターによるテレマーケティング228店舗の来店型保険ショップによる対面販売といった保険サービス事業の他、銀行やカード会社、保険会社などへ保険募集人材を派遣する派遣事業、比較サイトの運営などのITサービス事業を行っています。

 

主力の保険サービス事業は、保険契約時に保険会社から受け取るコミッションの他、毎月の保険料の一部を受け取るストックコミッションの併用で、ストック型ビジネスの側面もあります。親会社があの光通信ですから営業力は相当なものだと想像できます。保険サービス事業の販売実績のうち、20%超をメットライフ生命向けが占めていて、取引の分散化が課題となっています。

 

平成26年度にはウェブクルーを子会社化することでWEB販売チャネルを強化し、平成27年度には保険事業を外部から買収するなど、事業を急拡大させています。一方、今期は投資有価証券評価損を計上することなどにより業績予想の下方修正を行っていますが、213日に配当予想を従来の36円から68円に大幅に引き上げて、株価が急騰しました。保険業界の先行きについては、長期的には拡大は期待できないと思いますが、当社の営業力と事業拡大意欲は市場の平均をはるかに上回るだろうと期待しています。連結配当性向を70%としていますので、高配当株として、今後の成長にも期待しながら保有したいと思います。

 

主な指標(321日現在)

株価 1,496

時価総額 286億円

予想1株配当金 68

予想PER 19.06

実績PBR 3.08

*データは四季報オンラインより引用

 

f:id:tamtam0824:20170321193535p:plain

 

 

スーパーツール(5990)

銘柄紹介

当社は、元々はレンチやスパナなどの作業工具や治工具類、釣りクランプ類、クレーン類などの産業機器の製造・販売を行っていた企業ですが、現在はこうした金属製品事業より太陽光パネル等の環境関連商品の仕入、販売、施工や太陽光発電による売電事業などの環境関連事業の方が、売上高が大きくなっています。

 

平成28年3月期のセグメント利益率を比べると、金属製品事業が21.2%であるのに対して環境関連事業は3.3%となっており、当社の利益の大半は金属製品事業が稼ぎ出していることになります。太陽光発電に関連した事業は競合も多く、苦戦を強いられているようです。この環境関連事業の収益性を今後どのように高めていくのかが課題と言えそうです。地味な会社なので低PER、低PBRに甘んじていますが、配当は安定していて、財務状態も健全なので、長期的な視点で保有することができるのではないかと思っています。

 

主な指標(3月17日時点)

株価 453円

時価総額 47億円

予想1株配当金 18円

予想PER 8.73

実績PBR 0.60

予想配当利回り 3.97%

*データは四季報オンラインより引用

 

f:id:tamtam0824:20170319222123p:plain

今週のパフォーマンス(2017年3月17日)

パフォーマンス

運用資産 55,369162

対先週末 +545,320円

対前年末 +5,112,029円

(うち入出金 +1,000,000円)

 

今週の売り

2408 KG情報

2388 ウェッジHD(信用)

 

今週の買い

4980 デクセリアルズ(買増し)

2388ウェッジHD(信用→現引)

 

ポートフォリオ上位銘柄(国内高配当株、REIT

1位 4980 デクセリアルズ

2位 2362 夢真HD

3位 9696 ウィザス

4位 3440 日創プロパティ

5位 3296 日本リート投資法人

6位 1407 ウエストHD

7位 3290 SIA不動産投資法人

8位 9028 ゼロ

9位 2914 JT

10位 7838 共立印刷

*上場インデックス新興国債券(1566)は除いています。

 

日経平均は今週も下がりそうで、なかなかしぶといですね。僕のポートフォリオは基本的には下げに強く上げに弱くと、まったりした動きなのですが、ウェッジHD(2388)を13日にも買い増し、15日に一部売ったおかげで、資産が少し増えました。

ポートフォリオに与えるインパクトは限られていますが、こうした値動きの大きな株を信用で持っていると、日中も値動きが気になってしまい、僕のメンタルには良くないと感じましたので、現引きして現物でしばらく保有することにしました。

ウェッジHDは、タイで上場しているGLの株価に翻弄されていて、しかも日本とタイの市場の取引時間がずれているため、マネーゲームの恰好のターゲットになっているようです。特に15日にウェッジが1000円を超えて取引を終えた後、タイではGLの株がそれまでのストップ高に届く勢いから一転して、大暴落となってしまいました。

最近は配当利回り4%以上で新しく買いたくなるようなものがなかなか見つからないので、少しキャッシュポジションを増やして、市場の急落に備えたいと思っています。

ケル(6919)

銘柄紹介

ケルは英文ではKELと書くそうですが、名前の由来が気になっていました。当社のウェブサイトを見ても名前の由来がわかりませんでしたが、どうやら筆頭株主の菊水電子工業から来ているようです。もともと菊水電子工業の一部門が分かれてできた会社のようですが、不思議と当社のウェブサイトでは触れられていません。

 

当社は基板や電源など、電子機器で使用するコネクタの製造販売を主力事業にしています。当社のウェブサイトによると、売上構成比は、コネクタ83.3%、ラックボード10.5%、ソケット4.7%、その他1.5%となっています。いずれにしても一般消費者の目に触れるものではありませんので、なかなかピンときませんが。

 

エレクトロニクス業界は、スマホタブレットなどの端末市場の成長は鈍化するものの、自動車電装関連やウエラブル機器、IoT、医療機器などの新たな分野の成長が期待できます。平成293月期の市場別売上高予想では遊技機器が前年比▲19.7%であるのに対して、車載機器は+16.5%工業機器が+9.8%となっています。パチンコ関連は今後もなかなか厳しいものと思われます。

 

中期経営計画では「成長ステージへ挑戦」と題して、新製品開発の加速、海外ビジネスの拡大・強化、車載市場の開拓を掲げています。過去5期の売上高の推移を見ると、平成243月期が9,472百万円であるのに対して平成283月期は9,215百万円と伸び悩んでいて、とても成長のイメージは持てませんが、当社の目論見通り、好調な監視カメラで培った信頼をベースに海外市場を拡大すること、カーナビから他の車載関連製品へ拡大することができれば、今後緩やかな成長をするかもしれないと期待しています。平成283月期では、総資産136億円に対して有利子負債が8億円と、財務的には健全ですので、配当を頂きながらじっくり成長を待ちたいと思います。

 

主な指標(317日時点)

株価 760

時価総額 59億円

予想1株配当金 30

予想PER 12.52

実績PBR 0.53

予想配当利回り 3.95%

*データは四季報オンラインより引用

 

f:id:tamtam0824:20170317224611p:plain

 

盟和産業(7284)

銘柄紹介

当社は樹脂加工技術を活かした自動車のトランクやフロアなどの自動車部品の製造販売を主としていて、住宅設備資材の製造販売も手掛けています。平成283月期の売上では、自動車部品が全体の94%を占めています。生産拠点は国内3拠点、中国2拠点、タイ、アメリカと四極体制となっています。

 

中期経営計画では国内自動車市場が縮小する中、自動車部品の国内売上高180億円を確保しつつ、国内:海外の売上比率を2:1にするとしています。また、住宅事業をはじめ、樹脂の積層技術を応用した新ビジネスの開発を目指すとしています。中期経営計画の最終年度である平成313月期には、売上高300億円、営業利益率5%という数値目標を掲げていますが、平成293月期の売上高予想が192億円なので、目標達成は難しいでしょう。また、今期は為替差損の影響で経常損失となり、タコ配当となってしまう見込みです。四季報によれば来期は日本での採算が改善し、アメリカでも伸長が期待されることから、増益が期待できそうです。

 

東証一部銘柄とはいえ、時価総額が小さく地味な銘柄ですが、売上高が安定していて、高配当利回りで低BPRなので、少額の投資ならリスクはほとんどないと思っています。ただ、なぜか株価がじわじわと上がってきましたので、配当利回りが下がってくれば他の銘柄と入れ替えるかもしれません。それにしても、最近は高配当利回りで魅力的な銘柄をなかなか見つけることができません。アメリカ大統領選までは配当利回り4%以上の銘柄がたくさんあったのですが。

 

主な指標(315日現在)

株価 1,293

時価総額 45億円

予想1株配当金 50

予想PER 45.37

実績PBR 0.38

予想配当利回り 3.87%

*データは四季報オンラインより引用

 

f:id:tamtam0824:20170315224751p:plain