たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

さらに嫌な雰囲気が続きますね。

さらに嫌な雰囲気が続きますね。引け間際の日経平均の上昇は昨日に続いて何等かの意図が働いているようにも思いますが、今年に入って好調だった新興市場も崩壊の危機が迫っているようにも感じられます。

 

そんな中で追い打ちをかけるように気分が悪かったのがウェッジHD2388です。

 

実質的なオーナーであり、GL代表取締役でもある此下益司氏に対して、昨日金融庁から41億円の課徴金命令が出たということで、一時ストップ安を付けました。課徴金命令は平成25111日付で証券取引等監視委員会から出された勧告を受けてのものですが、金融庁の資料を読む限り、正直何が偽計として問題なのかよく理解できませんでした。此下氏は行政訴訟で対抗するようですが、事実関係はともかく、金融庁が簡単に敗訴するとも思えません。一方、此下氏が海外にいる限り、国は強制執行することができず、結局は踏み倒されて終わりということも考えられます。

 

そもそも個人と会社は別者だと考えれば直接会社の財務に影響を与えることはないでしょうし、会社の信用問題ということを考えても、すでに平成2511月に勧告というかたちで公表されているわけですから、今更ということではないでしょうか。そもそもウェッジに投資する時点で、何等かの怪しさと東南アジアでの成長の魅力とを兼ね備えていることは承知していることですから、問題は今後GLの業績が期待通り拡大していくかどうかだと言えるでしょう。ミャンマーでのホンダ代理店との提携などの話題もあり、業績が明らかになってくれば、株価も落ち着いてくるのではないでしょうか。と、一日中動揺しながら信用で買い増してしまった自分に対して言い聞かせています。皆さんも自己責任で投資をお願いします。

 

まだまだ嫌な雰囲気が続いています。。。

先々週の権利落ち以来、パフォーマンスの低迷が続いています。高配当株に集中しつつ、新興国国債ETFREITにも分散して投資していますので、日経平均TOPIXに比べてまったりした動きになることを期待していたのですが、なぜがこうしたインデックスに負け続けています。もともと相場全体が上がる時には上げ幅が小さいので、下がるときだけ大きく下げて、上がる時には上げ幅が小さいような気がして、どうも不安になってきました。今年に入って3月半ばまではそこそこ調子が良かったので、その反動なんだろうとは思いますが、忍耐力が弱いため、あまり冷静にいられません。

 

他の個人投資家のブログなんかを見ていますと、実績のある個人投資家の皆さんは自分の投資手法を確立されているので、相場の変動に動じることなく、しっかり受け止めながら対策を取られています。僕の場合もようやく投資手法が固まってきたのですが、まだ大きな成功体験がないため、自分を信じ切れていないところがあります。頭ではインカムゲイン重視だから日々の値動きは関係ないと思いつつ、心のどこかにもっと大きく資産を増やしたいという欲望があって、日々の値動きを気にしてしまうことろにメンタルの弱さがあるのだと思っています。

 

ブログを始めて1カ月あまりが経ちましたが、まだまだビュー数は少ないですが、他の人の目を意識しながら自分の考えを言語化することは、冷静さを維持するためにはとても有効だと実感しています。どこまで情報を開示するかという問題はありますが、人の目を気にすれば、一時的な感情で全くルールと違った取引はやりにくくなりますし、もしルールを逸脱した取引をしたとしても、その理由(言い訳)を考えることで取引を冷静に振り返ることができます。まだまだ自己満足のためのもので、付加価値のある情報を提供できるようなものではありませんが、投資もブログもあせらず一つ一つのことを積み重ねていきたいと思います。

J-REITについて

僕のポートフォリオ全体の約23%を占めているのがJ-REITです。保有不動産のキャップレートが低くても、銀行から低利で資金調達ができるため、それなりに高い配当利回りになっています。一般にREITは株式と比べて価格変動が相対的に小さく、収益も安定していると言われていますが、それなりに価格変動はありますし、分配金利回りもまちまちです。例えば、三菱地所オリジネーターになっていて都心の立派なオフィスビルに投資しているジャパンリアルエステイトの分配金利回りは2.9%と決して高い水準ではありません。三菱地所のブランドと投資物件の素晴らしさが人気なのでしょう。ただ、僕はこんなに低い配当利回りであれば、わざわざREITに投資しなくても、優良企業で配当利回りの高い株式に投資した方が面白いのではないかと思ってしまいます。

 

というわけで、僕の保有している銘柄と分配金利回りは次のようになっています。

(データは410日のYahooファイナンスREITのページから引用しています。)

 

3468 スターアジア 8.73%

3473 さくら総合リート 7.36%

3470 マリモ地方創生リート 7.24%

3298 インベスコ・オフィス 7.20%

3459 サムティ・レジデンシャル 6.43%

3451 トーセイ・リート 6.26%

8963 インヴィンシブル 6.22%

3290 SIA不動産 6.14%

3476 投資法人みらい 5.87%

3296 日本リート 5.64%

8979 スターツプロシード 5.58%

3460 ジャパン・シニアリビング 5.19%

 

これらのREITは、オリジネーターの信用力や投資対象物件がピカピカというわけにはいきませんが、これだけ分散投資をしていれば、経済変動の影響は受けたとしても、個別の破綻リスクは限定的で、十分高い分配金利回りのメリットを受けられるのではないかと思っています。

 

REITのリスクはもちろんテナントの退去や破綻による空室、賃料引下げも大きいですが、最大のリスクはリファイナンス・リスクです。銀行からの借入には当然期限がありますが、リーマンショックのようなことが起こると、借り換えができずに保有不動産を叩き売って損失を計上して分配金が大きく減少したり、場合によっては借り換えができずに破綻することも考えられます。

 

REITというと、オリジネーターから高値で物件を掴まされているんじゃないかという、うがった見方もできますし、ほとんどフルローンで現物不動産に投資することと比べると利回りもかなり低いですが、簡単に売買ができ気軽に不動産投資ができるという点で、それなりにメリットはあると思います。今年に入ってREIT指数が下降線を描いていますが、ここは我慢と思って、静観しています。

 

f:id:tamtam0824:20170410203028g:plain

 

 

リソー教育(4714)の決算発表

本日はリソー教育(4714)の2017年2月期の決算発表がありました。結果はほぼ業績予想通りとなりました。

                      実績              予想   (単位:百万円)

売上高       20,777    20,800

営業利益       2,051            2,100

経常利益       2,032            2,050

当期利益       1,275            1,250

 

また、2018年2月期の業績予想は、増収増益を見込んでいます。

 

売上高    23,100 (+11.2%)

営業利益       2,420 (+18.0%)

経常利益       2,400 (+18.1%)

当期利益       1,400 (+9.8%)

 

配当も2018年2月は25円から28円に増配を予想していて、しかも四半期毎に7円の配当になります。

 

株価はこれまで上昇トレンドできましたので、この決算の数字に株価がどのような反応を示すかわかりませんが、当社の業績が順調に拡大していて、さらに増配の発表されましたので、しばらくは安心して持てそうです。

 

関連記事


 

日本フェンオール(6870)

 

当社は、1961年米国FENWAL社、三井物産、日本電熱の三社の合弁会社として設立されました。その後1988年に外資持分を買い取っています。1996年に店頭公開、2004年ジャスダック上場を経て、2015年12月に東証二部に上場しています。この間、合弁は解消されています。

 

当社の事業は、防災設備・感知機器のSSP部門、温度調節機器・温度センサのサーマル部門、医療機器のメディカル部門、プリント基盤実装組立品のPWBA部門から構成されています。このうち、売上高が最大なのがPWBA部門ですが、2015年12月期をピークに減収が続き、会社全体の売り上げもまた大きく減少しています。そのため、PWBA部門では希望退職者を募集しています。メディカル部門も2016年12月期は大きく減少しましたが、2017年12月期は持ち直す見込みです。

 

2月22日に発表された「中期3ヶ年経営計画」では、最終年度である2019年度の売上高が2016年度の水準を超えることができない計画となっていることから、当面は合理化による利益率の向上に期待をしたいところです。営業利益率は2016年度の9.1%に対して、2019年度の目標は11.4%とメーカーとしては比較的高い水準であり、財務面も実質無借金で健全であること、配当性向は28%と低い水準であることから、減配リスクは低く、高配当株として長期保有に適しているのではないかと思います。

 

主な指標(4月7日現在)

株価 1,307円

時価総額 77億円

予想1株配当金 52円

予想PER 7.00

実績PBR 0.75

配当利回り 3.98%

*データは四季報オンラインより引用

 

 f:id:tamtam0824:20170409180602p:plain

今週のパフォーマンス(2017年4月7日)

運用資産 54,298,083

対先週末 ▲1,310,412円

対前年末 +4,040,950円

(うち入出金 +2,500,000円)

 

今週の売り

7991 マミヤ・オーピー

 

今週の買い

1782 常磐開発

1928 積水ハウス(買い増し)

2362 夢真HD(買い増し)

6643 戸上電機(買い増し)

7169 ニュートンFC(買い増し)

7201 日産自動車(買い増し)

7751 キャノン(買い増し)

8219 青山商事(買い増し)

 

 

ポートフォリオ上位銘柄(国内高配当株、REIT

1位 2362 夢真HD

2位 7201 日産自動車

3位 8304 あおぞら銀行

4位 8219 青山商事

5位 8963 インヴィンシブル投資法人

6位 7751 キャノン

7位 4980 デクセリアルズ

8位 1928 積水ハウス

9位 1407 ウエストHD

10位 3296 日本リート投資法人

*上場インデックス新興国債券(1566)は除いています。

 

今週も苦しい一週間でした。金曜日に少し持ち直したものの、僕の上位銘柄の中には下落率の高いものが多く、高配当株なのにこんなに下がるものかと、これまでの認識の甘さを実感しました。暴落であれば、ある意味気持ちがすっきりして、新たに体制を整えようと思えるのですが、毎日少しずつ下がっていくと、押し目なのかトレンド転換か迷っているうちに、ジリジリと資産が削られていくので、実際の下落率以上に精神的ダメージが大きいです。

 

今週は限られたキャッシュですが、広く買い増ししました。つい最近までなかなか買えるものがないとぼやいていたのが噓のようで、配当利回り4%以上の銘柄が急増してきましたので、買い急ぎ過ぎたかと反省しています。

 

今までは、高配当であれば自分の嫌いな業種以外のものを除いて割と適当に分散して買ってきましたが、このタイミングで、もう少し深く調べて、高配当かつ成長性が高いか割安なものにシフトさせようと思います。

苦しいときこそ投資本を読んで自分を見つめ直す

先週の権利落ち以降、苦しい日々が続いています。暴落ではないものの、毎日ジリジリと資産が削り取られていくのは嫌なものです。いつの間にか含み益が消え、期待した株ほど大きく値を下げ、買い増そうにも軍資金が尽きつつある、情けない状況にあります。

 

こんな時こそ、金言の詰まった投資本を読んで、マーケットに振り回されがちな心に冷静さを取り戻し、自分の投資スタイルを見つめ直さなければならないと思っています。

 

そんなときに最適な本が、『価値の探究者たち』です。みきまるさんのブログで紹介されていたのを見て読んでみたのですが、バリュー投資家にとって心に刺さる金言がたくさん詰まった、これまで僕が読んだ投資本の中でもベスト5に入る本だと思います。

 

その中でも、ウォルター・J・シュロスの次の言葉は、今の僕にとって一番心に染みる言葉です。

 

「投資家になりたければ、自分自身の長所と短所を知っておくべきだ。次に自分自身の投資戦略を工夫する。この投資戦略は複雑なものではだめだ。複雑だと、ゆっくり眠れなくなる!株は企業のビジネスと同じだということを覚えておこう。投資判断の前には企業の財務状況を理解しておく必要がある。しっかりと意思を固めた後は、自分の考えが実現するまで待ち続ける勇気をもつことだ。マーケットの動きに自分の感情が影響されないようにしなければならない。投資は楽しく、挑みがいのあるもので、ストレスと不安を感じるようなものであってはならない。」

 

マーケットの変化にじたばたせず、泰然と構えていられるような自信と胆力を持てるようになりたいものです。