たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

ナカボーテック(1787)の決算発表

5月8日の引け後にナカボーテック(1787)の2017年3月期の決算発表がありました。結果は、業績予想に対して売り上げはやや下振れ、利益はやや上振れとなりました。

 

                            実績               予想(単位:百万円)

売上高         10,926           11,000

営業利益                813               770

経常利益                851               810

当期利益                575               550

 

また、2018年3月期の業績予想は、わずかですが増収減益を見込んでいます。

 

売上高        11,000(+0.7%)

営業利益                 785(▲3.5%)

経常利益                 820(▲3.7%)

当期利益                 560(▲2.6%)

 

来期の配当金は、今期と同額の年55円を予想しています。

 

港湾施設の防食による保全案件が好調で、この追い風需要はまだ続く見通しのようで、ほぼ当期並みの業績を予想しています。配当性向も50%程度と決して高くはないので、無難な決算だったのではないかと思います。

盟和産業(7284)の決算発表

5月12日の引け後に盟和産業(7284)の2017年3月期の決算発表がありました。11月9日に業績予想の下方修正を発表していましたが、売上高、営業利益は予想を下回り、経常利益と当期利益は予想を若干上回って着地しました。

 

                            実績               予想(単位:百万円)

売上高         19,068           19,200

営業利益                143               200

経常利益              ▲69            ▲100

当期利益                109           100

 

また、2018年3月期の業績予想は、増収増益を予想しています。

 

売上高        19,600(+2.8%)

営業利益               350(+143.8%)

経常利益               320(黒字転換)

当期利益               230(+110.7%)

 

来期の配当金は、当期と同じ年50円を予想しています。

 

当社は自動車業界の動向や為替に大きく影響を受けますので、為替レートが現行並みの水準で安定することを願うばかりです。

 

tamtam-blog.hatenablog.com

 

アズマハウス(3293)の決算発表

5月12日の引け後にアズマハウス(3293)の2017年3月期の決算発表がありました。売上高、営業利益は予想を上回り、営業利益と当期利益は予想を下回って着地しました。

 

                            実績               予想(単位:百万円)

売上高       12,349           11,500

営業利益             1,563             1,249

経常利益             1,557             1,246

当期利益                940                809

 

また、2018年3月期の業績予想は、減収減益を予想しています。

 

売上高     11,800(▲4.5%)

営業利益           1,429(▲8.6%)

経常利益           1,315(▲15.6%)

当期利益              860(▲8.5%)

 

来期の配当金は、当期と同じ年70円を予想しています。

 

当社は和歌山を地盤とする不動産業なので、事業の先行きは厳しいものがありますが、売上を確保しながら高い利益率を維持しています。長期的には成長性に疑問はあるかもしれませんが、配当金は年70円で安定していて、配当性向も30%台と余力はありますので、当面は持ち続けられるのではないかと思います。

ウィザス(9696)の決算発表

5月12日の引け後にウィザス(7551)の2017年3月期の決算発表がありました。売上高はほぼ予想通りでしたが、利益は予想を下回り、前期と比べて大きく減益となりました。

 

                            実績              予想(単位:百万円)

売上高         14,313           14,281

営業利益                666               796

経常利益                690               745

当期利益                151               349

 

また、2018年3月期の業績予想は、増収増益を予想しています。

 

売上高     15,856(+10.8%)

営業利益           1,016(+52.4%)

経常利益              883(+28.0%)

当期利益              272(+80.0%)

 

来期の配当金は、当期と同じ年16円を予想しています。

 

当期は、売上はほぼ想定通りだったものの、出店費用や生徒募集費用の増加、のれん償却などで営業利益、経常利益が予想を下回ったほか、不採算校の閉鎖や固定資産現存等で特別損失を320百万円計上しました。来期は大幅な増収増益を見込んではいるものの、経常利益に対して当期利益の額が少ないので、まだまだ減損を見込んでいるのかもしれません。

 

 

tamtam-blog.hatenablog.com

 

ゲンダイエージェンシー(2411)の決算発表

4月14日の引け後にゲンダイエージェンシー(2411)の2017年3月期の決算発表がありました。最近ポートフォリオに組み入れましたので、かなり遅れての分析となりました。1月20日に業績予想の修正を発表して、売上、利益とも上方修正していましたが、結果は、利益が予想をやや下回って着地しました。

 

                            実績               予想(単位:百万円)

売上高         15,851           15,800

営業利益          1,269             1,320

経常利益             1,268            1,320

当期利益                831               900

 

また、2018年3月期の業績予想は、減収減益を予想しています。

 

売上高       15,600(▲1.6%)

営業利益          1,100(▲13.4%)

経常利益          1,100(▲13.3%)

当期利益           720(▲13.4%)

 

来期の配当金は、当期と同じ年25円を予想しています。

 

パチンコ業界を巡る経営環境は厳しく、当社の主力事業であるパチンコホールの広告事業は苦戦が予想されます。一方、インターネットメディアへのシフトや異業種向けのサービスであるプリンティング事業の拡大、固定費の削減など収益改善に努めています。また、シンガポールに子会社を設立してカジノ運営事業にも参入しましたが、この子会社が収益化するまでにはまだしばらく時間がかかりそうです。こうしたことを考えると、将来の業績に不安はありますが、配当水準が維持されれば、しばらくは持ち続けられるかなと思っています。

スーパーツール(5990)の決算発表

4月25日の引け後にスーパーツール(5990)の2017年3月期の決算発表がありました。結果は、売上、利益とも業績予想を大きく下回って着地しました。

 

                            実績               予想(単位:百万円)

売上高        8,086          9,000

営業利益               787             1,000

経常利益               702                900

当期利益               463                580

 

また、2018年3月期の業績予想は、減収増益を予想しています。

 

売上高       6,700(▲17.1%)

営業利益              900(+14.3%)

経常利益              800(+13.9%)

当期利益              540(+16.4%)

 

来期の配当金は、当期と同額の年18円を予想しています。

 

金属製品事業については韓国向けの輸出や国内販売が伸び悩み苦戦しましたが、それ以上に、環境関連事業で制度改正により太陽光発電関連で新規案件に遅れが生じるなどで、厳しい結果となりました。配当余力は十分ありますので、事業の構造転換を図りながら、太陽光発電に代わる新規事業が伸びてくるのか注目していきたいと思います。

 

 

tamtam-blog.hatenablog.com

 

今週のパフォーマンス(2017年5月12日)

運用資産 57,228,788

対先週末 +629,266円

対前年末 +6,971,665円

(うち入出金 +2,500,000円)

 

今週の売り

1782 常磐開発

2914 日本たばこ

6643 戸上電機製作所(一部)

7148 FPG

8963 インヴィンシブル投資法人(一部)

 

今週の買い

1787 ナカボーテック

1833 奥村組

2362 夢真HD

2411 ゲンダイエージェンシー

5410 合同製鐵

 

ポートフォリオ上位銘柄(国内高配当株、REIT

1位 2362 夢真HD

2位 7201 日産自動車

3位 1928 積水ハウス

4位 2763 エフティーグループ

5位 8304 あおぞら銀行

6位 1407 ウエストHD

7位 8219 青山商事

8位 7751 キャノン

9位 4980 デクセリアルズ

10位 1833 奥村組

*上場インデックス新興国債券(1566)は除いています。

 

今週は、先週のデクセリアルズ(4980)に続いて戸上電機製作所(6643)が撃沈しました。その一方で、これまで低迷していたインヴィンシブル投資法人(8963)が突然見直されて急騰したほか、決算発表をポジティブに評価されたエフティ―グループ(2763)青山財産ネットワーク(8929)が大きく上げてくれたおかげで、先週末比プラスで終えることができました。

 

決算をまたいでの株価の乱高下には疲れますが、過剰な売りがあれば買い増し、過剰な買いがあれば売るということで、マーケットの気まぐれにうまく付き合っていきたいと思います。

 

また、これまでの高配当株投資に加えて、信用取引を使って、スイングトレードを部分的に取り入れていこうと考えています。信用取引でキャッシュを稼ぎ、それを高配当株に投資をするという好循環が生まれればいいですが、もちろんレバレッジを効かせる分リスクが高くなりますので、そこは高配当株投資とは違って、短期志向で損切も意識しながらやっていきたいと思っています。