たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

銘柄紹介

ウェルネット(2428)

当社は決済代行の大手で、コンビニ窓口での電子決済や高速バス、航空チケットの決済などのサービスを提供しています。最近ではスマホで路線バスの定期券を購入・利用できるサービスを提供したり、ふるさと納税総合サイトの「ふるさとチョイス」で当社のマル…

日産自動車(7201)の長期データ

毎日膨大な情報が溢れていて、目にした情報に対して瞬間的に反応することはあっても、しばらくするとほとんど頭に残っていません。株式投資においても、長期投資と言いながら、四半期決算に一喜一憂したり、事業にどれだけのインパクトがあるかわからないよ…

大和証券グループ本社(8601)

大和証券グループ本社(8601)は野村ホールディングス(8604)に続いて独立系の総合証券会社としては第2位のポジションですが、野村営業収益が17,155億円であるのに対して、当社は6,164億円と、大きく差を付けられています。さらに、個人取引はネット証券へ…

インヴィンシブル投資法人(8963)の2017年6月期決算

インヴィンシブル投資法人(8963)の2017年6月期決算が本日(8/22)に発表されました。結果は、営業収益が前期比▲2.6%、当期純利益が▲13.4%と減収減益でした。一口当たり当期純利益も1,477円から1,241円へ16%も減少しました。 1口当たり分配金も同様に1,477…

青山商事(8219)の2018年3月期第1四半期決算

青山商事(8219)の2018年3月期第1四半期決算が8月10日に発表されました。結果は売上高が前期比+1.2%、四半期純利益が前期比+21.9%と増収増益となりました。 通期業績予想に対する進捗率は、売上高が23.1%、当期純利益が23.9%とやや物足りない水準ですが、概…

マリモ地方創生リート(3470)の2017年6月期決算

マリモ地方創生リート(3470)の2017年6月期決算が8月14日に発表されました。結果は1口当たり当期純利益が1,123円から2,914円へ大きく増加しました。 その結果、1口当たり分配金(利益超過分配金を含む)は977円から3,462円へ大きく増加しました。なお、8月1…

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(7169)の2018年3月期第1四半期決算

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(7169)の2018年3月期第1四半期決算が5月10日に発表されました。結果は売上高が前期比+6.8%、四半期純利益が前期比+37.7%と増収増益となりました。 通期業績予想に対する進捗率は、売上高が24.5%、当期純利益…

エフティグループ(2763)の2018年3月期第1四半期決算

エフティグループ(2763)の2018年3月期第1四半期決算が8月10日に発表されました。結果は売上高が前期比+1.9%、四半期純利益が前期比▲53.4%を増収減益となりました。売上高の増収幅も期待外れでしたが、四半期純利益が大幅減益となったのはかなりショックで…

盟和産業(7284)の2018年3月期第1四半期決算

盟和産業(7284)の2018年3月期第1四半期決算が8月8日に発表されました。結果は、売上高が前期比+4.8%、四半期純利益が黒字転換と増収増益となりました。 業績予想に対する進捗率は、売上高は24.4%、当期純利益は27.4%と順調と言えます。 第1四半期は、海外…

三晃金属工業(1972)の2018年3月期第1四半期決算

三晃金属工業(1972)の2018年3月期第1四半期決算が7月28日に発表されました。今期より非連結となったので、前期との比較が表示されていません。 株探では連結、単体関係なく時系列で並べられていますが、これによれば、売上高が前期比▲22.3%、営業利益、経…

スーパーツール(5990)の2018年3月期第1四半期決算

随分時間が経ってしまいましたが、スーパーツール(5990)の2018年3月期第1四半期決算が7月13日に発表されました。結果は、売上高が前期比▲10.9%、四半期純利益が前期比▲34.9%と大幅な減収減益となりました。 セグメント別に見ると、金属製品事業は売上高が…

バイテックHD(9957)の2018年3月期第1四半期決算

バイテックHD(9957)の2018年3月期第1四半期決算が8月7日に発表されました。結果は売上高が前期比+35.0%、四半期純利益が前期比+362.5%と大幅な増収増益となりました。 デバイス事業では、イメージセンサーやメモリの売上が伸びています。環境エネルギー事…

JT(2914)の2017年12月期第2四半期決算

JT(2914)の2017年12月期第2四半期決算が8月2日に発表されました。結果は売上収益が前期比▲2.9%、四半期利益が前期比▲8.8%と減収減益となりました。 業績予想に対する進捗率は、売上収益が49.2%、当期利益が56.1%と、まずまずの進捗となっています。なお、…

夢真ホールディングス(2362)の2017年9月期第3四半期決算

夢真ホールディングス(2362)の2017年9月期第3四半期決算が8月2日に発表されました。結果は、売上高が前期比+30.5%と大幅増収となったものの、四半期純利益は前期比▲7.7%を減益となりました。 業績予想に対する進捗率は、売上高は71.8%と微妙な進捗ですが、…

三井物産(8031)の2018年3月期第1四半期決算

三井物産(8031)の2018年3月期第1四半期決算が8月3日に発表されました。結果は収益が前期比+15.9%、親会社に帰属する四半期利益が前期比+81.1%と大幅な増収増益となりました。 業績予想は当期利益のみ開示されていますが、当期利益の進捗率は34.6%と高い…

あおぞら銀行(8304)の2018年3月期第1四半期決算

あおぞら銀行(8304)の2018年3月期第1四半期決算が7月31日に発表されました。結果は、経常収益が前期比20.7%と大幅な増収、経常利益は前期比+48.1%と大幅な増益となったものの、四半期純利益が前期比+5.0%の増益に留まりました。 増益の主な要因は、規律あ…

三井住友フィナンシャルグループ(8316)の2018年3月期第1四半期決算

三井住友フィナンシャルグループ(8316)の2018年3月期第1四半期決算が7月31日に発表されました。結果は経常収益が前期比+13.6%、四半期純利益が前期比+31.1%と大幅な増収増益となりました。 主な要因は、「市場事業部門・リテール部門の堅調、SMBCにおける…

アールシーコア(7837)の2018年3月期第1四半期決算

アールシーコア(7837)の2018年3月期第1四半期決算が7月27日に発表されました。結果は、売上高が前期比▲1.8%、四半期純利益は赤字転落と厳しいものとなりました。 売上高の減少は、工期の長期化や納期の遅れが原因と説明されています。赤字になった主な原…

ウェッズ(7551)の2018年3月期第1四半期決算

ウェッズ(7551)の2018年3月期第1四半期決算が7月27日に発表されました。売上高は前期比▲2.4%、四半期純利益は前期比▲3.5%と減収減益となりました。 売上高の減少は、主に自動車用品アフター市場低迷等によりアルミホイール及び自動車用品の売上が減少した…

NTTドコモ(9437)の2018年3月期第1四半期決算発表

NTTドコモ(9437)の2018年3月期第1四半期決算が7月27日に発表されました。結果は、営業収益は前期比+2.5%、四半期純利益は前期比▲8.2%と増収減益となり、やや厳しい結果となりました。 営業収益の増加の要因は、「ドコモ光」の契約数拡大による光通信サービス…

キヤノン(7751)の2017年12月期第2四半期決算

キヤノン(7751)の2017年12月期第2四半期決算が7月27日に発表されました。売上高は前期比+18.6%、四半期純利益は前期比+52.6%と大幅な増収増益となりました。 こうした業績を踏まえて、4月に続いて連結業績予想を上方修正しています。 上方修正後の進捗率は…

日産自動車の2018年3月期第1四半期決算

日産自動車(7201)の2018年3月期第1四半期決算が発表されました。売上高は前期比+4.0%、四半期純利益は前期比▲1.1%を増収減益となりました。会社の発表では「総じて想定通りの業績」となっています。 業績予想に対する進捗率は、売上高23.4%、営業利益22.4%…

BP (BP)

BPはイギリスに本社を置く国際石油資本で、スーパーメジャーの一角を占めています。かつてはBritish Petroleumという名称でしたが、2001年からそれまで略称として使われていたBPが正式な社名となりました。2016年の売上高では、Royal Dutch Sell (233,591百…

Ares Capital Corporation (ARCC)

米国株の中で高配当利回りのものを探していると出会うのがBusiness Development Company (BDC)と呼ばれる形態の会社です。これは、相対的に信用力の低い中小企業や新興企業に対して融資や出資によって資金を提供する会社であり、利益の90%以上を配当すること…

夢真ホールディングス(2362)の平成29年9月期第3四半期速報

本日(7/18)、夢真HD(2362)の平成29年9月期第3四半期速報が開示されました。建設技術者派遣事業における売上高と採用数のみの開示ですが、第3四半期の売上高は前年同期比+29.0%の5,505百万となり、これで28四半期連続での増収となっています。 また、採用…

ゲンダイエージェンシー(2411)の平成30年3月期第1四半期決算

ゲンダイエージェンシー(2411)の平成30年3月期第1四半期決算が7月14日に発表されました。売上高は前期比▲13.1 %、四半期純利益は前期比▲20.9%と厳しい結果になりました。進捗率も低調に終わっています。 実績(前期比) 進捗率 売上高 3,522(▲13.1%) 22…

iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)

PFFは投資対象が米国株とは言っても、優先株式に限定されている特殊なETFです。優先株式とは議決権がない代わりにあらかじめ決まった配当金を普通株式に優先して受け取れるので、債券のような性質を持っています。そのため、平常時の値動きは比較的まったり…

iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(HDV)

アメリカの高配当株に投資するETFであるHDVを購入しました。アメリカの高配当株に投資するETFとしてはバンガード米国高配当株式ETF(VYM)の方がメジャーですが、配当利回りが高いという理由でHDVを選びました。HDVの投資対象の上位20銘柄は次の通りです。米…

アールシーコア(7837)からマグカップが届きました!

先日、アールシーコア(7837)からマグカップが届きました。BESSのロゴマークが入ったグリーンのマグです。 株主アンケートに答えてもらったものですが、株主優待と違って、こちらはそれなりに使うことができそうです。金額的には大したものではないのだろう…

インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(3298)

当法人は2014年6月に上場した、まだ比較的新しいREITです。運用会社はインベスコ・グローバル・リアルエステート・アジアパシフィック・インクで、ニューヨークに上場してグローバルに展開する独立系運用会社インベスコ・リミテッドの子会社です。このインベ…

三井住友フィナンシャルグループ(8316)

当社は言わずと知れた3メガバンクの一角で、規模は他の三菱UFJ(8306)やみずほ(8411)と比べると規模では劣りますが、営業力の強さや経費率の低さなどを背景に、経営効率ではトップと言われています。内情はわかりませんが、組織面では、三菱が完全にU…

京都きもの友禅(7615)の株主優待

京都きもの友禅(7615)から配当金計算書、株主通信と共に株主優待券が送られてきました。 当社は、業績面では苦戦が続いており、2015年3月期以降はタコ配当が続いています。それでも、年42年配当(6月30日の株価で配当利回り4.48%)を維持しているので、こ…

いちごオフィスリート投資法人(8975)

当法人は、いちご株式会社(2337)がスポンサー、いちご投資顧問株式会社が運用会社となっていますが、この「いちご」が果物の苺ではなく「一期一会」から来ていることを僕が知ったのはつい最近のことです。2011年11月にFCレジデンシャル投資法人といちご不…

さくら総合リート投資法人(3473)

当法人は2016年9月に上場した、まだ新しいリートです。当法人のスポンサーは、豪州、日本及び米国で不動産の投資・開発実績を持つ豪州の独立系不動産・ファンド運用グループであるガリレオグループと、日本で東証一部に上場している独立系不動産管理会社であ…

サムティ・レジデンシャル投資法人(3459)

当法人は2015年6月30日に上場した、比較的歴史の浅いREITです。名前の通り、住居への投資に特化したREITで、スポンサーは最近柴犬まるのCMをよく目にするサムティです。サムティはマンションデベロッパーだと思っていたのですが、このCMを見てホテルや商業施…

トーセイ・リート投資法人(3451)

当法人はその名の通り、スポンサーはトーセイです。当法人の投資対象は、中小規模のオフィス、商業施設、住宅及びホテルとなっていますが、現時点でホテルへの投資はありません。また、投資対象地域は東京経済圏に限られています。 <用途別内訳> <地域別…

Oneリート投資法人(3290)

当法人はつい最近までSAI投資法人という名称だったのですが、今年の6月1日からOneリート投資法人に名称を変更しました。当法人の運用会社であるシンプレクス・リート・パートナーズはシンプレクスグループのリート運用会社でしたが、昨年11月にヒューリック…

アールシーコア(7837)の株主優待

先日、アールシーコア(7837)から株主優待券が届きました。 優待の内容を見ていると、自社商品を割引利用できるというのですが、その内容はというと、 「BESS住宅」新築工事の1%割引 木材用防腐スプレーの20%割引 「フェザント山中湖」オーナー制度、メンバ…

マリモ地方創生リート投資法人(3470)

当法人は、2016年7月に上場したばかりのまだ新しいREITです。法人名のとおり、投資対象物件の70%以上を地方としているユニークなREITで、住居、商業施設、ホテル、オフィスのすべてを投資対象としています。物件数は18物件で、取得価格の合計は168億円と規模…

投資法人みらい(3476)

当法人は2016年12月に上場したばかりの新しいREITです。当法人のスポンサーは三井物産グループとイデラキャピタルマネジメントです。イデラキャピタルマネジメントは、2012年5月にエムケーキャピタルマネージメントとアトラス・パートナーズが合併して誕生し…

スターアジア不動産投資法人(3468)

当法人は2016年4月に上場したばかりの新しいREITです。当法人のスポンサーであるスターアジアは、当法人のホームページによると、海外の大学基金、財団や年金基金等、長期運用を志向する投資家の資金を、日本をはじめとするアジアの不動産等関連資産によって…

平賀(7863)

当社は新聞折り込みチラシをはじめ、DMやカタログ、包装紙等の印刷も扱う印刷会社です。昭和25年に創業、31年に法人化され、平成12年にJASDAQに上場しています。紙媒体の広告物の印刷だけでは成長は難しいと思いますが、マーケティングや企画、デザインから…

インヴィンシブル投資法人(8963)

高配当株投資で欠かすことができないのがJ-REITです。僕のポートフォリオには12銘柄のJ-REITが入っています。その中で最も投資額が大きいのが当投資法人です。 当投資法人の投資対象物件は、コアアセットとしてホテルと住居、サブアセットとしてオフィスビル…

帝国通信工業(6763)

当社は1944年に東芝、日本電気、日本無線ほか2社の共同出資で、無線通信機部品の専門メーカーとして設立されました。本社は神奈川県川崎市にありますが、生産拠点は、国内では長野県や福井県にあり、海外では中国、台湾、タイ、インドネシア、ベトナムにあり…

バイテックHD(9957)

当社は独立系の総合エレクトロニクス商社です。2017年3月期決算の年間配当が55円と前期比5円の増配となり、次期も同額の配当を予想していることから、配当利回りが4%を超えていました。次期の業績予想は増収増益となっていますので、本日買ってみました。 エ…

東海リース(9761)の決算発表

一度以前売却していた東海リース(9761)ですが、先週再度買いました。4月28日に決算発表がありましたので、振り返ってみます。3月24日に業績予想を下方修正していましたが、結果は修正後の業績予想をわずかに上回って着地しました。 実績 予想(単位:百万…

ニュートンFC(7169)の決算発表

他社より遅れて、5月18日の引け後にニュートンFC(7837)の2017年3月期の決算発表がありました。昨年11月11日に修正された業績予想に対して、売上高は下回ったものの、利益は上回っての着地となりました。 実績 予想(単位:百万円) 売上高 29,471 31,000 …

合同製鐵(5410)の決算発表

もうずいぶん時間が経ってしまいましたが、4月28日に合同製鐵(5410)の2017年3月期の決算発表がありました。1月27日に業績予想のうち利益を下方修正しましたが、売上、利益ともは予想を上回って着地しました。 実績 予想(単位:百万円) 売上高 99,465 99…

京都きもの友禅(7615)の決算発表

4月27日の引け後に京都きもの友禅(7615)の2017年3月期の決算発表がありました。4月19日に業績予想を下方修正していて、予想通りの決算となりました。 実績 (単位:百万円) 売上高 12,130 営業利益 625 経常利益 762 当期利益 450 また、2018年3月期の業…

日本バルカー工業(7995)の決算発表

5月12日の引け後に日本バルカー工業(7995)の2017年3月期の決算発表がありました。1月25日に業績予想を上方修正しましたが、売上、利益とも、その予想をさらに上回って着地しました。 実績 予想(単位:百万円) 売上高 43,640 42,800 営業利益 4,065 3,800…