たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

夢真HD(2362)の第2四半期決算発表

 

5月2日の引け後に、夢真HD(2362)の第2四半期決算が発表されました。結果は、売上高は前年比29.7%と大幅増収だったのに対して、営業利益は前年比+6.5%、経常利益は前年比+10.5%と増益ではあるものの、物足りない数字で、四半期純利益は前年比▲1.0%と減益となりました。

                      (単位:百万円)

f:id:tamtam0824:20170504152624p:plain

 

このうち、中核事業の建築技術者派遣事業は、次のように売上、利益とも高い成長率で推移しています。

                     (単位:百万円、人)

f:id:tamtam0824:20170504152754p:plain

 

一方、今後高い成長が期待されるエンジニア派遣事業は、次のように売上は伸びているものの、セグメント利益は減益となっています。

                      (単位:百万円、人)

 f:id:tamtam0824:20170504153421p:plain

 

当社の説明によれば、エンジニアを増やすために採用に注力した結果、在籍エンジニア数は増加したものの、採用コストの上昇により減益となったようです。この点については、同日発表された当社の子会社である夢テクノロジー(2458)の「業績予想の修正並びに新中期経営計画の上方修正に関するお知らせ」でも説明されています。

 

期末業績予想の修正はありませんでしたが、業績予想では営業利益が前期比+47.9%、経常利益が前期比+46.2%と高い予想となっていますので、下方修正される可能性は高いと思いますが、採用コストは事業拡大のための先行投資であり、売上が当社の計画通り成長しているのであれば、心配することはないと考えています。もちろん市場でどのような評価がされるかはわかりませんが、下がればまた買い増しのチャンスだと思っています。

 

関連記事

tamtam-blog.hatenablog.com

 

 

tamtam-blog.hatenablog.com