たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

アズマハウス(3293)の決算発表

5月12日の引け後にアズマハウス(3293)の2017年3月期の決算発表がありました。売上高、営業利益は予想を上回り、営業利益と当期利益は予想を下回って着地しました。

 

                            実績               予想(単位:百万円)

売上高       12,349           11,500

営業利益             1,563             1,249

経常利益             1,557             1,246

当期利益                940                809

 

また、2018年3月期の業績予想は、減収減益を予想しています。

 

売上高     11,800(▲4.5%)

営業利益           1,429(▲8.6%)

経常利益           1,315(▲15.6%)

当期利益              860(▲8.5%)

 

来期の配当金は、当期と同じ年70円を予想しています。

 

当社は和歌山を地盤とする不動産業なので、事業の先行きは厳しいものがありますが、売上を確保しながら高い利益率を維持しています。長期的には成長性に疑問はあるかもしれませんが、配当金は年70円で安定していて、配当性向も30%台と余力はありますので、当面は持ち続けられるのではないかと思います。