たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

奥村組(1833)の決算発表

5月12日の引け後に奥村組(1833)の2017年3月期の決算発表がありました。4月24日に業績予想と配当予想を修正していて、ほぼ予想通りの決算となりました。

 

                            実績       (単位:百万円)

売上高       203,090        

営業利益          11,678

経常利益          13,455

当期利益          13,614

 

また、2018年3月期の業績予想は、増収減益を予想しています。

 

売上高    224,700(+10.6%)

営業利益          10,400(▲10.9%)

経常利益          11,400(▲15.3%)

当期利益          10,300(▲24.3%)

 

来期の配当金は、年129円を予想しています。2017年10月1日を効力発生日として5株につき1株の割合で株式併合を実施するため、併合前のベースで比較すると、当期の年33円に対して来期は年25.8円と減配となります。

 

来期は建設コストの上昇を見込んでいるため、増収減益の予想となっています。当社は配当性向50%を配当の基準としていますので、減益予想であるため、それに連動して減配となっています。コストを保守的に見積もっているなら、期中で業績及び配当の上方修正も期待できますが、果たしてどうなるでしょうか。

 

 

tamtam-blog.hatenablog.com