たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

ニュートンFC(7169)の決算発表

他社より遅れて、5月18日の引け後にニュートンFC(7837)の2017年3月期の決算発表がありました。昨年11月11日に修正された業績予想に対して、売上高は下回ったものの、利益は上回っての着地となりました。

 

                            実績            予想(単位:百万円)

売上高         29,471        31,000

営業利益            4,522          4,500

経常利益            4,539          4,500

当期利益            2,063          1,800

 

また、2018年3月期の業績予想は、減収増益を予想しています。なお、来期からはIFRSを任意適用するため、増減率は記載されていませんでした。

 

売上高      27,000

営業利益            5,000

当期利益           3,000

 

来期の配当金は、当期の年68円から年70円へ2円の増配を予想しています。

 

保険サービス事業は伸びているものの、派遣事業は苦戦しているようです。IFRSの任意適用がどのような影響を及ぼすのかは、2017年8月に開示予定となっているIFRS基準での2017年3月期実績を見ないとよくわかりませんので、なぜ来期予想は減収増益なのか、決算説明資料からは読み取れませんでした。また、配当については増配予想ではあるものの、決算短信には「短期的な利益変動要因を除いて連結配当性向70%を目指す」とありながら、予想配当性向は42.6%ですので、さらなる増配が期待できるのか、短期的な利益変動要因があるのか、注目して見ていきたいと思います。

 

 

tamtam-blog.hatenablog.com