たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

ゲンダイエージェンシー(2411)の平成30年3月期第1四半期決算

ゲンダイエージェンシー(2411)の平成30年3月期第1四半期決算が7月14日に発表されました。売上高は前期比▲13.1 %、四半期純利益は前期比▲20.9%と厳しい結果になりました。進捗率も低調に終わっています。

 

                           実績(前期比)                 進捗率

売上高                  3,522(▲13.1%)             22.6%

営業利益               244(▲24.4%)             22.2%

経常利益               244(▲17.1%)             22.2%

四半期利益            153(▲20.9%)             21.2%

 

当社の主力事業はパチンコホールの広告ですが、パチンコホール業界の経営環境は以上に厳しく、今後も良くなることは期待できないでしょう。当社はインターネットメディアや異業種向けサービスを拡大することで事業の構造転換を図りつつありますが、その成果は限定的です。

 

当期の予想EPSが47.84円であるのに対して、配当予想は年間25円であり、今のところ減配リスクは低いとは思いますが、長期投資に耐えうる会社なのかよく考える必要があるかもしれません。

 

f:id:tamtam0824:20170716233345p:plain

 

 

tamtam-blog.hatenablog.com