たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

ウェッズ(7551)の2018年3月期第1四半期決算

ウェッズ(7551)の2018年3月期第1四半期決算が7月27日に発表されました。売上高は前期比▲2.4%、四半期純利益は前期比▲3.5%と減収減益となりました。


売上高の減少は、主に自動車用品アフター市場低迷等によりアルミホイール及び自動車用品の売上が減少したことによります。一方、原価低減効果もあり、営業利益は前期比+9.9%と増益となっています。

 

f:id:tamtam0824:20170801191830p:plain


業績予想に対する進捗は、売上高が18.2%、営業利益が16.1%、当期純利益が15.9%となっています。当社の業績には季節性がありますので、進捗率そのものを見てもあまり意味はありませんが、業績予想が増収増益となっているのに対して第1四半期では減収減益となっていることから、前期に対して進捗ペースは悪いと言えます。

 

f:id:tamtam0824:20170801191848p:plain


なお、営業利益が増益となっているのに対して、経常利益、四半期純利益が減益となっているのは、前期には保険解約返戻金が49,334千円計上していたことなどにより、前期の営業外収益が大きかったことによるものです。つまり営業利益は前期比改善していますので、実質的な業績は良くなっている言えるでしょう。したがって、見た目以上に良い決算だったのではないかと思います。

 

f:id:tamtam0824:20170801191903p:plain

 

tamtam-blog.hatenablog.com

 

 

tamtam-blog.hatenablog.com